白い家と電気

電気代の節約

いくら節約でも、あまりめんどうなことはしたくない、という人もいると思います。
でも、ちょっとした知識と手間で無駄なお金が省けるとしたら・・・?
やっぱりやってみる価値はありそう!

消費電力の大きいものから

電気代の節約の第一歩は、電化製品の消費電力を知ること。
「消費電力が大きい=節約の効果も大きい」のです。

統計によると、家庭でのエネルギーの消費量は、多い順に
エアコン、冷蔵庫、照明器具、だとか。
つまり、これらで省エネをすれば、大きな節約になるってわけですね♪

家電の選び方

手っ取り早く出来るのは、省エネできる家電を使うこと。
買い替え時を見極めて、もし買い替えするならぜひ省エネタイプを☆
今の家電製品は、とっても性能がいいうえに消費電力も圧倒的に違います。

また必要以上に多機能のものを買わないということも大事です。
というのも、いろいろ機能がついている方が電力の消費が激しいから。

一人暮らしの場合は選べるものもそんなにないかもしれませんが、
家電自体の価格よりも省エネ性能をよく見ましょう。
初期コストよりもランニングコストの方が大きいです!

待機電力もバカにするなかれ

よく言われている待機電力の節約。
かなりせこいように思いますが、チリも積もれば山となる、です!

もしできるなら、コンセントから抜いちゃいましょう。
マルチタップやスイッチ付きの延長コードなどを 使うのがいいと思います☆

意外に気づかないのがエアコン!
特にワンルームであれば、「エアコン」のブレーカーがあると思います。
これを落としておくと、節約になるそうです。

冷蔵庫も一工夫

冷蔵庫では、開け閉めを減らすのが第一です。
扉を開閉するたびに、冷気が逃げて余分な電気を使うそうです。
庫内を整理しておいて、長時間開ける必要のないようにしましょう♪

冷蔵庫の温度調節も重要です。
季節によって温度の設定を変えることで無駄な電気を使わずに済みます☆
冬は「弱」で十分。私は夏場も「通常(中)」にしています。

それから、詰め込みは厳禁です。
空気の循環が悪くなって余計に電気を使ってしまいます。
ちょっと配慮するだけで、電気の無駄は省けます☆

ちなみに、冷凍室はぎゅうぎゅうに詰めていても良いそうです。
冷凍のフル活用は、食費的にも◎です。

夏の省エネ

昔ほどエアコンの電力消費は激しくないそうですが、
それでも猛暑だと一気に電気代が跳ね上がります。

熱中症予防のために、我慢のしすぎはNG。
ですが、冷え過ぎも体によくありません。
設定温度は低くし過ぎないようにしましょう。

おすすめは、扇風機の併用。
せまい部屋でも、これだけで空気の循環がよくなって全体に冷気が行き渡ります♪

また、差し支えがなければ日中カーテンを閉めるのがおすすめです。
すだれやよしずを、日光を遮るようにベランダや窓辺にかけておくのも良いですね。
太陽の光が入らないだけで、全然違うのです。

冬の省エネ

冬は、たくさん暖房器具を使いますよね。
無駄な電気を使わないで暖かくするために工夫してみました。

まずエアコンは、設定温度を2度低くすると約10%の省エネになるそうです。
また、適温と感じる時にはこまめに消しましょう!
冷房の場合は短時間ならつけっぱなしの方が電力が少ないのですが、
暖房の場合はちょっとの時間でも切った方が節電になるそうです。

エアコンのフィルターを掃除するのも忘れないようにしましょう。
フィルターが汚いと空気の流れが悪くなって、風力が低下してしまうとか。
空気を清潔に保つためにも、必要なことですね☆

次に、こたつ。
こたつの布団は厚いものを使いましょう。
暖かい空気が逃げにくくなるので、少ない電力で温度を上げられます。

また、こたつの中に座布団を敷くだけで保温効果が高まるそうです。
さらに、アルミシートを敷くと、もっと効果絶大です☆
ホットカーペットも同じで、下にマットや布などを敷くと、
床に熱が逃げにくいため省エネになります!

一人暮らしの節約

食費の節約 電気代の節約 ガス・水道代の節約 交友費の節約 学生生活で節約 通信費の節約 交通費の節約

TOP