ICカード

交通費の節約

交通機関のお得。
人によっては、結構大きな節約になるのでは?
当たり前と思わず、見直してみてはいかがでしょうか。

ICカード

電子マネーがすっかり広がった最近では、ICカードもお得なサービスを拡大中。
運賃が割引になったり、ポイントがたまったりと、各社さまざまな特典があります。

特に、定期との組み合わせ技は最強!
普通の定期券よりも安くなっちゃうなんてこともあります。
利用路線のサービスを上手に活用しましょう☆

お得な切符やサービスを

私はよく電車を使いますが、少しでも節約するため回数カードを利用しています。
例えば、10回分の金額で11回乗れるなど。
鉄道会社によって違いますが、お得なものがないかさがしてみましょう。

ちなみに、土日専用や時間帯指定の回数券の方が割引率が高いことが多いです。
うまく利用するとかなり得になります。

広域のお得な切符、乗り放題のカードなどもありますね。
ちょっとしたお出かけやデートに、少し遠めのレジャーに、おすすめです。

自分の足で節約!?

よく交通機関を使う人はちょっと考え直してみましょう。
歩ける距離でも、電車やバスやタクシーに乗ってしまいがちでは・・・?
積み重なると、かなりの額になってしまいます。

地域によりますが、電車だってひと駅くらい歩けることも多いです。
ちょっとした運動と思って歩いてみると、意外に運動不足だったことに気づきませんか?
健康のためでもあるし、一石二鳥(!?)ですね。

少し遠くても自転車があれば、それほど辛くないかも!
レンタサイクルやシェアサイクルも、ぜひ利用してみましょう。

帰省など長距離の旅費

一人暮らしもいろいろかと思いますが、私は実家がかなり遠くでした。
飛行機、夜行バス、特急電車、新幹線、いろいろな手段がありましたが、
その時々で自分の都合と金額を天秤にかけて利用しています。

学生時代は、夜行バスでの移動がほとんどでした。
今はバス会社も種類がいろいろ増えていてサービスも違うので、調べてみると良いと思います。

時間があれば、のんびりと青春18きっぷなどもありですね。
ただし、長距離ずっと普通電車ではやはり疲れますし、旅を楽しめる方向けです。

また、意外と効果的なのは、帰省する時期を選ぶこと。
やはりハイシーズンは料金が高かったり(特に飛行機)、すぐ予約が埋まってしまったりします。
混雑していると疲労度もぐっと上がりますから、 空いていて安くなる時期に帰省できるなら、あえてその時期を狙うといいですね。

一人暮らしの節約

食費の節約 電気代の節約 ガス・水道代の節約 交友費の節約 学生生活で節約 通信費の節約 交通費の節約

TOP